HOME >> 言葉 >> 現実を、「達観」せよ。

現実を、「達観」せよ。


スポンサーリンク

中高年であるあなたの転職・再就職活動時の採用・不採用は、必ずしも「あなたの価値」を考慮したうえで決められているわけではない。


中高年の再就職・転職事情の厳しさは今さら言わずとも、すでにあなたがよくご存知の通りである。

北海道や東北・沖縄など就職率が「全国ワースト3」といわれる地方の状況は、とりわけ厳しい。

それらの地域では、20歳台の有効求人倍率を仮に1.4倍とすると、40歳台後半では0.2倍から0.3倍くらいで推移しているのが実際であり、20代の若者の就職活動と同じ括りで話すことがためらわれるくらいである。

人口の多い都心部はまだマシなほうで、地方ではそれくらい中高年を求める企業の絶対数が、極端に少ないのだ。

スポンサーリンク

中高年のあなたが普通に就職活動をしたとしても、求める仕事を得られる確率は、そもそもの始めからして限りなく低い。

いくら一生懸命履歴書や職務経歴書を書いて送ったとしても、通常は年齢欄をチラと見られただけで履歴書は机の引き出しにしまわれ、あるいはあなたの元へ返送されてくる。

残念ながらこれが、あなたが何時間も費やして書いた履歴書・職務経歴書の取り扱われ方である。


だからまずあなたはそもそもからして、とんでもなく厳しい条件の中で闘っていることを、よく認識すべきだ。

あなたのキャリアや仕事能力や人間性・社交性などと全くお門違いのところで、すなわち「あなた個人の本質」に関わらない世界で、採用の合否が判断されている現実を、よく心に刻んでおく必要がある。


誰かに文句を言ったところで、はじまらない。それよりはこの現実を直視するところからスタートするほうが、より的確に次の手を打てるだろう。

現実がそうである以上あなたにも、ある意味の「達観」が求められるということである。



スポンサーリンク

次のエントリーへ »


▲先頭に戻る


すべての記事(記事一覧)こちらから

【言葉カテゴリーの関連記事】

  • 現実を、「達観」せよ。
  • 決して、自分を責めるな。
  • 自分を励まし、道を照らす「言葉」を持ちたい。
  • 同じ「幻」と向き合うなら、光が強烈なほうを選べ。
  • 本当に必死の転職・再就職活動かを、自問する。
  • 中高年の転職、決して「運も実力のうち」ではない。
  • カオス(混沌)に生きる、自分の気持ちを慣らす。
  • 視界不良の雇用環境下、一人の中高年求職者として。

  • 姉妹サイトも、あわせてご覧ください。

  • 「中高年の資格取得、ホントに役立つ資格はコレ!」
  • 「団塊世代~定年後・退職後をよく生きるヒント」
  • 「共済 その魅力~保険との違い・比較のポイント」

  • ▲先頭に戻る