HOME >> 知恵 >> 家族や友人に「たまには」甘えろ。

家族や友人に「たまには」甘えろ。


スポンサーリンク

家族もいる中高年にとって、定職を喪失した状態が続くと、どうしても先々について暗い想像ばかりが先にたち、口数も少なくなり、自分のなかで自らを責める問答をエンエンとくりかえしがちになる。

この場合は、とにかく声に出して、心の思いを外に吐き出すことが、一番効果がある。


アタマの中で考えているだけではダメで、「声にだして話す」という行為そのものが、すごく重要なのだ。


これはコミュニケーションとしてできるなら、それが一番いい。

平たく言えば、誰かと会話してグチをこぼし、悩みを聞いてもらうことだ。家族のある人は家族と。仲のよい友達がいる人は、友達と。

え、周りに相談相手が、誰もいない?

なら、まだ明るいうちに、人気のない広場や公園に行ってみよう。

周りを見渡して、誰もいないのを確かめてから「ツライよう!」と叫んでみよう。

その辺を走り回っている犬や猫に向かって、話しかけてみるのもよい。誰も見てやしないんだし、別にいいではないか。

スポンサーリンク

とにかく実際に声に出さないこと、これがいちばんよくない。

カタチなどどうでもいいから、とにもかくにもいったん声に出して、外に向かって胸のうちを吐き出してみることだ。

いずれにしても「一人で抱えこまない」「つらい時は、誰かと話す、口に出してみる」。これが鉄則だ。


注意点が、2つある。

一つめ。こういう愚痴話をしても許されそうだと、あなたが思う相手だけにしておくこと。理由はいわなくてもわかるだろう。

二つめ。聞かされる家族や友人も、そうしょっちゅうアナタの愚痴ばかり聞かされるのは、たまらないだろう。

人にココロのうちを開いて甘えるのは、あくまでも「たまに」という程度にとどめておいたほうがいい。たとえ、それが身内であったとしても。


だから普段は、声に出してグチをいいたいときは、誰もいない公園にいって、一人ブツブツとやることにしよう。

実は、私も時々やっている。別に、恥ずかしいとは思わない。

自分以外にそんな人がいくらでもいることを、よく知っているから。

ま、ただ危ない人と間違われぬよう、くれぐれも周りの様子を確かめてからにはしてほしいが。



スポンサーリンク

次のエントリーへ »


▲先頭に戻る


すべての記事(記事一覧)こちらから

【知恵カテゴリーの関連記事】

  • 家族や友人に「たまには」甘えろ。
  • 24時間を自由に使える、素晴らしさ。
  • 事を起こす前に、よく調べたか。
  • パート・アルバイトの本質は、「時間」の切り売り。
  • 企業の求人広告、真の意図を読みにいく。
  • 中高年こそ、自分が得意な、強い分野で闘え。
  • 「五感」を日々、できるだけ使い、動け。
  • ルールの変化の潮目に、敏感になる。
  • 「怒り」のコントロールに努める。

  • 姉妹サイトも、あわせてご覧ください。

  • 「中高年の資格取得、ホントに役立つ資格はコレ!」
  • 「団塊世代~定年後・退職後をよく生きるヒント」
  • 「共済 その魅力~保険との違い・比較のポイント」

  • ▲先頭に戻る